メディアで話題のブリアンとは?

善玉菌配合で話題の子ども向け歯磨き

子どもの虫歯を予防するために毎日の歯磨きを頑張っているのに効果が感じられないという悩みを持つお母さんは少なくありません。これは、虫歯は細菌が原因の感染症でその細菌対策ができていないことが理由です。口の中にはいろいろな細菌がいて、その中の何種類かは糖分を使って酸を出し歯の表面を溶かしてしまいます。これが虫歯です。

虫歯菌は増殖して塊になるとプラークを作るので、毎日の歯磨きでのプラークコントロールが重要です。しかし、歯磨きだけではプラークを完全に取り除くことができず、虫歯予防効果がなかなか実感できません。メディアで話題のブリアンは、虫歯菌対策のための善玉菌が配合された子ども向けの歯磨きです。

 

善玉菌が虫歯菌の塊プラークを取り除く

子ども向け歯磨きのブリアンには、BLIS M18という成分が配合されています。LIS M18は乳酸菌の一種で、ニュージーランドの虫歯研究チームが世界でも数少ない虫歯ができにくい人の口の中で発見したものです。BLIS M18には虫歯の原因菌の塊であるプラークを取り除く作用があり、口の中の善玉菌です。

ブリアンにはこの善玉菌が配合されていて、BLIS M18が生きたまま口の中に定着するように殺菌剤は使われていません。毎日の歯磨きにブリアンを使うことで善玉菌の作用で歯に溜まったプラークがお掃除され、虫歯予防に効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です